先輩メッセージ

営業スタッフ

宗像店 営業スタッフ(平成23年入社)

永野 歩美

お客様から学びながら成長し、女性初のベスト10入りへ。
これからも後に続く女性たちの道を切り拓いていきたい。

この仕事のここがおもしろい!

入社当初は自分の実力不足に悩むことが多く、どうすればお客様にご満足いただけるのか試行錯誤の毎日でした。しかし石の上にも3年。入社4年目頃からこの仕事がだんだん面白くなってきました。

商談の進め方も、新人の頃は「お客様に買っていただくこと」だけを考えていましたが、現在はお客様が何を求めているのか、どう説明すればご納得いただけるのかを考えながら商談を組み立てられるようになりました。お客様の個性に応じて商談のポイントやタイミングを見計らい、ライフスタイルを読み取り、ニーズを探りながら最適なご提案をしていくプロセスに、“車のプロ”としてのやりがいを感じています。

「仕事が楽しい!」と心から思えるようなった頃から結果にも結びつくようになり、平成26年度は個人表彰の8位にランクイン。これは女性営業スタッフでは初の快挙であり、全社員大会で表彰台に上がったとき「壁もあったけど、この仕事を続けてきて良かった」と心から実感しましたね。

お客様は先生

“お客様の声”は私にとって大切な財産。難しいご要望やお叱りの言葉も全て自分の成長の糧となってきました。

特に入社1〜2年目頃はお客様に叱られることもありました。そのたび素直に反省し、課題を改善し、誠意を持って懸命に頑張ることで、お客様も次第に「頑張ってるね」と声をかけてくださるようになりました。最近は「こちらが聞きたいことがパッと返ってくるので安心できる」「あなたが営業だったから気持ちよく購入できたよ」など嬉しい言葉をいただくことも増えましたね。

もちろん、ともに切磋琢磨し、競い合い、支えあってきた仲間たちや先輩・上司の存在も大きかったと思います。特に店長からは営業スタッフに最も大切な「諦めない強い気持ち」を学びました。最近は後輩たちの指導を担当することもありますが、優秀でやる気あふれる後輩から逆にパワーをもらうことも多く、初心に返って仕事を見つめなおしながら後輩とともに成長しています。

女性営業スタッフの道を切り拓いていく

まだまだ車の営業=男性の仕事というイメージを持っておられるお客様もいらっしゃいます。最初は営業スタッフとして認めてもらえず悔しい思いをしたこともありました。しかし、真摯に努力していれば必ず認めていただけますし、逆に「細やかな気遣い」「親しみやすさ」など女性ならではの強みも活かせる仕事です。

ご提案の際も走行性やデザインだけでなく、収納や燃費などにも着目してご説明していますが、「さすが女性は目線が違いますね」と奥様から喜んでいただくことも多いです。娘さんや奥様の車までご紹介してくださったり、「結婚してもずっとこの仕事を続けてください」と言っていただけることもあり、お客様にとって必要な存在になれていることに喜びを感じています。

女性初の新人賞受賞、個人表彰ベスト10入りなどこれまで女性営業スタッフの道を切り拓いてきました。しかし私のチャレンジはまだ緒に就いたばかり。今後もさらに営業成績を伸ばし表彰台に上り続けながら、お客様にとっても店舗にとっても不可欠な人材となり、後に続く女性たちを導いていくことが私の目標です。