先輩メッセージ

サービスエンジニア

高須店 サービスエンジニア(平成19年入社)

柳 聡一郎

時代を捉えた高い技術力とニーズを引き出す
コミュニケーション能力を持ち合わせた
優秀なサービスエンジニアをめざして。

現在の仕事内容

入社9年目。オイル交換、タイヤ交換、車検、各種検査業務、書類作成まで一貫して行いながら平行してお客様の対応も担う、サービスエンジニアとして波にのった多忙な日々を過ごしています。

お客様は「福岡トヨタのサービスエンジニア」に対し高い信頼を寄せられています。その期待に応えるためには一発完治が基本ですから、つねに正確かつ高い技術を追求し続けることが当社のサービスエンジニアの責務です。またエンジンのオーバーホールなど複雑な仕事に挑戦する機会も多く、サービスエンジニアとしてやりがいのある職場環境が整っています。

また、高須店は経験豊富な人材が多く、スタッフ同士連携を図りながらお互いにアドバイスしあえる、抜群のチームワークが強み。工場全体の仕事が段取り良くスムーズに進み、納車してお客様に「ありがとう」の言葉をいただけた時が、仕事の中で最もやりがいを感じる瞬間です。

仕事の中で心に残っているエピソード

詳細な打ち合わせや整備説明、アドバイスなどを行い、お客様の不安を取り除いていくことも当社のサービスエンジニアの重要な役割です。そのため、できるだけ専門用語を避け、老若男女どなたにも分かりやすい丁寧な説明を心がけています。

同時にサービスエンジニアにとっても、お客様対応はお客様から学ぶ大きなチャンスです。
ある時事故が原因で入庫されたお客様に、こちらの判断ですぐに代車を用意したことがありました。しかし修理状況が立て込み納期が少々遅れたため、後々お客様に「その間は修理していなくても自分の車に乗りたかった」という苦言をいただきました。良かれと思ったことでも思い込みで先回りするのではなく、一人ひとりのお客様の意志をきちんと聞き取ることの大切さを痛感させられました。

またどんな困難な作業であっても「分かりません」の一言では終わらず、お客様の思いに誠意を持って応え、最善の努力をすることもサービスエンジニアとして心がけていることの一つです。

今後の目標

まず第一にサービスエンジニアとしてのさらなる技術力の向上です。トヨタ検定1級を昨年取得しましたが、そのために最新のテクノロジーや整備技術を学ぶことができ、サービスエンジニアの仕事の奥の深さを実感しました。これまでは部品を交換して修理していたものでも、配線図やオシロスコープなどを精査し、より高いレベルの整備ができるように努めています。

そして第二に、お客様のニーズを的確に汲み取るためにコミュニケーション能力をさらに高めたいと考えています。

自動車は年々高性能化の一途をたどっており、サービスエンジニアもつねに最新の知識・技術の習得が求められています。今後も幅広い業務に携わりながら、将来は工場長としてサービス部門を牽引していくことが私の最終目標です。