教育研修

営業スタッフ研修例

※下記の内容はあくまでも昨年に実施したスケジュールです。
毎年、改善を加えながらリニューアルしていきますので、詳細については変更となる可能性があります。

内定者研修

入社までの期間を活かし、自己研鑽の基礎や習慣づくりに取り組む

  • 内定証書授与式

  • 内定者研修

自身の現状を知り、今後の成長に役立てる

経営幹部や役員との交流を通じ、
入社への準備をする

内定者交流会、役員懇親会、入社前説明会 など

新入社員合同研修

営業スタッフ、サービスエンジニアの合同研修

  • 商品知識研修

  • 店頭対応研修

社会人としての基礎

ビジネスマナー、CSR、新聞読み方講座など

福岡トヨタの社員としての心構え

経営理念、ビジョンの理解、介助専門士取得、取扱商品基礎習得 など

新人営業スタッフ研修

トヨタの営業スタッフとして必ず知っておくべき、基礎知識や教養を習得。
自動車販売に関する知識のみならず、車の基本メカニズムや点検整備のノウハウなど、技術面も強化。お客様の高いニーズに応じるエキスパートとしての基礎固めを行う。

  • 営業基礎研修

  • サービスエンジニア研修

  • 査定研修

営業スタッフ基礎研修

保健研修・査定研修・関係法令・各種取扱 商品・ウェルキャプ研修・店頭応対・接客 など

サービスエンジニア研修

研修センターや店舗での座学・実習を通じて、車の構造や点検方法を学ぶ

本配属

配属後、フォローアップ

店舗実践教育

店舗配属後は、OJTを中心に仕事の流れや専門知識の習得、お客様への誘致活動や接触活動を行い、実践を通して応対力の向上に努め、翌年4月から一般スタッフとして活躍できるよう準備。 さらに店舗では「2WAYコミュニケーションノート」というツールを活用し、新人スタッフ・教育担当者・店長・本部スタッフが相互にコミュニケーションを取りながら、新人スタッフのステップアップをサポートしていく。

  • 2WAYコミュニケーション シート

  • 新人フォロー研修

  • 3年次フォロー研修

集合教育

店舗配属後も、入社4年目までは年に1度営業スタッフフォロー研修を行い、日ごろの活動の振り返りを行う。それ以降はブラッシュアップ(磨き上げ)セミナーを行うなど、各段階に合わせて長期にわたり自己研鑽を促していく。

営業チームリーダー研修

  • 営業チームリーダー研修

リーダーとしての役割を認識し、店舗の目標達成に向け率先垂範するための研修を実施。また、現場においては、店長の補佐を行う中でマネジメントの基礎についても学び、次期管理職を目指す。

管理職研修

  • 昭和グループビジネススクール

店長、副店長を対象に、管理職の役割の認識とマネジメント力の向上を目指して、様々な研修を行う。

  • ・昭和グループビジネススクール
  • ・組織力向上セミナー など