片淵 宏生

Katafuchi Kousei

博多店 営業スタッフ(2018年入社)
駒澤大学卒

自分らしい営業スタイルで
人生の幸せを詰め込む自動車を
お客様にお渡しできる幸せ

入社を決めた理由

学生時代はずっと野球部で、社会人野球を目指していましたが、ケガで断念。それならば地元・福岡の企業で、好きな自動車と関わる仕事や人と話す仕事に就きたいと、福岡トヨタに入社しました。現在は福岡トヨタの野球部に所属してピッチャーとして活動しています。
実は入社前は「トヨタ」と聞くと、大手企業でお堅いイメージがありました。でも実際に入社してみると、とにかく何事に対しても熱い社員が多い! そして人間関係の繋がりが温かくて、家族的な雰囲気があります。実際に年末の餅つき大会など全社員が参加できるレクリエーションが多くて、福岡トヨタの社員だけでなく社員の家族まで招待してもらえるんですよ。同店舗や他店舗の店長や先輩方とも話がしやすくて、自分の意見や想いを率直に伝えることができます。人が熱くて、繋がりが温かくて、風通しのいい社風が魅力ですね。

私の営業スタイル

私はよくお客様から「片ふっちゃん」とあだ名で呼ばれています。福岡トヨタの営業スタッフには様々なタイプの方がいますが、私自身は商談する時にまずはお客様のプライベートのことも含めていろんな話を伺い、自分との共通点を見つけて、そこから親しくなっていく事を心がけています。実際に野球繋がりのお客様も多いですし、野球をしているお子様がいらっしゃるご家族とも話が弾みます。このようにして人と人との関係ができてから、商談を進めるようにしています。商談で来られたお客様はもちろん、点検で来られたお客様に対しても、積極的に話しかけて雑談をするのが、私の営業スタイルです。

ただ、私はまだまだ未熟な部分があり、過去にお客様にご迷惑をおかけしたこともありました。その時は深く反省しましたが、落ち込んだ気持ちを引きずっていてもしかたがないので、「他のところで挽回しよう!」と気持ちを切り替えました。そうするとお客様も認めてくださいます。どんなことがあってもお客様としっかり向き合うことが大切です。

学生さんへのメッセージ

私が福岡トヨタに入社した理由の一つに、自動車に携わる仕事がしたいという想いがありました。自動車には人生のいろんな想い出が詰め込まれています。私自身も自動車を通して幼い頃のことを思い出したりします。そんな人生の大切なものをお渡しするという幸せが、福岡トヨタの仕事にはあるのです。納車の際にお客様から「ありがとう」と言っていただけるのも嬉しいですね。

もし今、自動車についての知識がなかったり、「自分に営業ができるのだろうか?」と不安に思っているとしても、福岡トヨタなら全て受け止めて育ててくれるので、安心して入社してください。入社後の研修や先輩方のサポートでしっかり力が身に付きます。お客様と向き合うことで、人間的にも大きく成長できる素晴らしい会社です。